総展望

一般

2019ラピートカップ

5月1日(水)2日(木)3日(金)4日(土)5日(日)6日(月)

住之江のG・Wは、オール大阪ラピートカップ!

ボートレース住之江のG・Wと言えば、「2019ラピートカップ」、オール大阪戦である。今年も5月1日から5月6日までの6日間、「最強軍団大阪支部」を合言葉に熱い闘いが繰り広げられる。
ダブルドリームに乗る松井繁(V12)、田中信一郎(V5)、太田和美(V7)、湯川浩司(V4)の4選手を合わせてSGV28の数字が「最強軍団」と言わせる所以。ただ、ここ2、3年のSGでは石野(今年のGWは蒲郡出走)が孤軍奮闘していて、今節の主力4選手は2014年以降SG戦でのVがない。思えば、松井、田中、太田はもう名人世代。4月4日現在の今年の賞金ランキングでは石野29位、松井31位が大阪支部の上位で、いよいよ危機感は増している。活性化するには若い選手たちの台頭しかないが、今のところ、いずれも大物感に欠ける。ここらでワクワクするようなヤングパワーを見せてほしい。しかし、実力の世界は現実的だ。直近10年のラピートカップで6回優勝(すべてイン逃げ)している松井の場合は初日が勝負。まずはドリーム好枠の恩恵を最大限に生かす。そして予選をうまくまとめて得点トップを目指す走り。田中、湯川は快速パワーに仕上げて次元の違いを見せつける。太田はこのところ苦戦のイメージだが底力で。木下翔太もドリームに選出された。一番活を入れたいのは彼で、順調な航跡を残しているものの、こじんまりまとまりかけている。「もっと攻めなくちゃダメですね」と本人も決意。成長度ナンバーワンは上條暢嵩か。洗練された自在ハンドルは伸びしろ無限。近況絶好調の西村拓也も開花のシーズン。

初日・第12レース「ラピート特選」出場予定選手

  • 3415A1

    松井繁
    (大阪)

  • 4044A1

    湯川浩司
    (大阪)

  • 3555A1

    野添貴裕
    (大阪)

  • 4311A1

    岡村仁
    (大阪)

  • 4384A1

    鶴本崇文
    (大阪)

  • 4719A1

    上條暢嵩
    (大阪)

ドリーム組を見切る舟券に妙味あり!

4397A1

西村拓也(大阪)

正月(王将戦)、GW(ラピートカップ)、盆(摂河泉競走)と、年に3回開催されるオール大阪戦。先にも書いたが、優勝戦はドリームメンバーが9割ぐらいの確率でモノにしている。ただ、ドリーム組と、一般戦組の差は年々少なくなっており、予選道中はけっこう高配が飛び出している。1枠インの時はほとんどの選手は互角の能力と見ていい。力量差は外枠の時に出る。ここでドリームメンバーは2、3着に持ってくるが、他の選手は大敗する。例えば松井でも予選で4、5、6枠の時は前付けが必要であり、スタートも横一線が精一杯。外からまくられるケースもあり、逆の好配提供者となっている。これは田中、太田、湯川らも同じで、中・外からはなかなか勝てない。予選でドリーム組が中・外枠の時は、見切る舟券に妙味ありだ。近況リズムからの舟券的お薦めとしては西村拓也、上條暢嵩、藤山雅弘の3選手をピックアップしたい。

全国過去3節

2019.04 尼 崎 [一般]

142443213412

2019.04 芦 屋 [一般]

22転1123311

2019.03 常 滑 [一般]

12121321

:優勝戦※数字は2019年04月30日現在のものです

2日目・第12レース「オーサカ特選」出場予定選手

  • 3557A1

    太田和美
    (大阪)

  • 3556A1

    田中信一郎
    (大阪)

  • 4659A1

    木下翔太
    (大阪)

  • 4397A1

    西村拓也
    (大阪)

  • 4427A1

    秦英悟
    (大阪)

  • 4760A1

    山崎郡
    (大阪)

【予備】 3997 北村征嗣(大阪)、4099 吉永則雄(大阪)