総展望

SG

SG第33回グランプリ&シリーズ

12月19日(水)20日(木)21日(金)22日(土)23日(日)24日(月)

グランプリを勝たなければ意味がない!

第1回から見ているが、このSGは見飽きることがない。記者生活何十年でも、見るたびに感動の嵐である。今年も頂上の戦いにふさわしいメンバーがそろった。その中でも毒島を包むオーラは7色に輝いている。オーシャンカップ、メモリアルとSGを連覇し、賞金ランク1位を独走しているが「トップはうれしいけど、グランプリを勝たなければ意味がない」と、冷静沈着である。「レースのない日はレースのことを全く考えない。レースより、趣味のことが気になる」というコメントはトップに立つ者の余裕だろうが、この切り替えが尋常ではない集中力につながる。
一方、「今はレースが充実しているし自信もある。グランプリは目標だが、その前にいろいろなSGを取りたい」と昨年語っていた峰。実はそれが敗退(3着)の要因ではないか。極限の緊張感があってこそのグランプリVだと思うし、今年は「絶対V!」を口にしてほしい。
また、ホワイトシャーク…、白井らしいニックネームである。この選手は常に獲物を狙う不気味さ?が漂っている。ただ、住之江ではまだそのイメージが浸透していない。Vか大敗か、予想の印で書けば▲だと思う。
井口は峰と同じイメージ。毎年このランクを外さない安定感。走る度に感動が生まれるこの水面、このステージで、今年もファンの目を惹きつける。
5位中島、6位守田も今年は充実ぶりが光ったが、初日から戦いに参加する7位~18位までの選手も魅力的な面々。グランプリ連覇を狙う桐生に、石野、太田の地元勢。水面巧者の吉川もそろそろ出番がありそうな気がする。
さあ、すべての壁を乗り越える異次元のパワーを秘めているエース11号機を誰が引くのか?

初日・第11レース「トライアル1st」出場予定選手

  • 4296A1

    岡崎恭裕
    (福岡)

  • 4262A1

    馬場貴也
    (滋賀)

  • 4168A1

    石野貴之
    (大阪)

  • 3946A1

    赤岩善生
    (愛知)

  • 3960A1

    菊地孝平
    (静岡)

  • 3941A1

    池田浩二
    (愛知)

去年の失敗は今年のVの糧に

4024A1

井口佳典(三重)

勝負ごとに「たら、れば」は禁句ではあるけれど、去年の井口は本当にもったいないことをした。結果は桐生のイン逃げだったが、記者的には、井口の楽勝だと思っていた。当時のエース10号機はめちゃくちゃ噴いていたし、加えて絶好の4カドと条件はそろっていた。しかし、スタートした瞬間目を疑った。井口ー石野ー毒島のダッシュ連動なのに、3選手ともコンマ30台なんて、あり得ない!その後も10号機は猛烈なパワーで3月に格納するまでエース機として大活躍しただけに、井口から大勝負していた記者はショック(笑)だった。しかし、これがグランプリなのだと思う。 勝った桐生は、過去参戦した中で一番出ていなかった。しかし、今までの苦杯を糧にして、最後までレースの流れに乗っていた。井口はグランプリを一度制しているが、今年はまた新たなチャレンジャーとして、しっかりV軌道に乗るに違いない。

全国過去3節
データは前検日に更新いたします

:優勝戦

初日・第12レース「トライアル1st」出場予定選手

  • 3854A1

    吉川元浩
    (兵庫)

  • 4019A1

    笠原亮
    (静岡)

  • 4444A1

    桐生順平
    (埼玉)

  • 3590A1

    濱野谷憲吾
    (東京)

  • 3557A1

    太田和美
    (大阪)

  • 4344A1

    新田雄史
    (三重)