総展望

一般

サンテレビ杯争奪ボートの時間!ご視聴ありがとう競走

11月19日(月)20日(火)21日(水)22日(木)23日(金)24日(土)

実力伯仲のシリーズ!吉川昭男をV候補一番手に

ボートレース住之江提供の「ボートの時間(日曜夜22:45~)」とタイアップした「おっ!サンテレビ杯争奪 ボートの時間!ご視聴ありがとう競走」が、11月19日から11月24日まで開催される。
A1選手は10名いるが、実力伯仲の様相。その中で主役抜てきは吉川昭男としたい。デビュー2、3年は箸にも棒にもかからなかった弟の喜継を休みの日にびわこでスパルタ教育、見事A1にさせたのは有名な話だが、自身もレースに対する情熱は誰にも負けない。特に前付け意欲は今節一番で、どんな展開になってもネバーギブアップの熱い走り。しっかり得点を稼ぎそうだ。
川崎智幸、烏野賢太の60期コンビ。ともにG1、SG戦線で活躍した実力者だが、近況は一般戦回りが多い。川崎は2期前と3期前にA2ランクに落ちたが、やはり地力はしっかりしていて、7月には勝率6.86でA1にカムバックした。烏野も2度A2ランクに落ちているが、その他はずっとA1で、真の実力者としての評価は変わらない。
林美憲は9月当地のアサヒビールカップに参戦。エース11号機を引き、そのパワーのすごさに「この機がグランプリを制するのでは!」とコメントして注目されたが、準優で敗退。自分でプレッシャーをかけすぎた点を反省して?今節は冷静に…。東本勝利、森永淳の86期コンビも優勝戦線をにぎわしそうだ。ともにバランスの取れた走りを見せる万能型だが、特に東本は水面実績も十分ある。
地元勢は10名の参加だが、A1は不在。近況リズムを重視すると小坂宗司が大将格になる。「優勝のチャンスは何度もあったのですが、2着ばかりです」の悔しさを地元戦にぶつけて欲しい。

初日・第12レース「永島ドリーム」出場予定選手

  • 3743A1

    林美憲
    (徳島)

  • 3304A1

    烏野賢太
    (徳島)

  • 4066A1

    東本勝利
    (三重)

  • 3874A1

    山本寛久
    (岡山)

  • 4072A1

    森永淳
    (佐賀)

  • 3582A1

    吉川昭男
    (滋賀)

【予備】 3300 川崎智幸(岡山)、3543 福田雅一(香川)

問題はスタート勘の修正です

4821A2

妻鳥晋也(香川)

「四国中央市に妻鳥町という地名があるんです。妻鳥(めんどり)という表札ばかりの地区もありますよ。わが家もそうですが」と笑う。調べてみると、隣の新居浜市も多く、このあたりが発祥の苗字らしい。「もっと強くなって、この名前を覚えてもらいたいですね」と、爽やかな笑顔がまぶしい。師匠は秋山広一で、さばきに定評がある選手。「僕も抜かれたら悔しいので絶対に抜き返す!という強い気持ちでレースに挑んでいます」と言うが、「スタートが遅いのが気になっているんてす(近況平均コンマ21)。上のランクに行くなら、もっと踏み込まなければ…」。それはデビュー時の体重が関係したかもしれない。油断をすると60キロくらいになる体質、現在は53~55キロくらいで走っているが、握り込みの加減は体重差がもろに影響する。住之江は今回で4節目だが、今年3月戦では10戦5勝で選抜を勝った。「乗りにくさもなく、いいイメージで走れそうです」、「今度こそA1!」と、気合を入れ直している。

全国過去3節
データは前検日に更新いたします

:優勝戦